関係各位

長崎打ち水大作戦事務局
総長 松嶋範行

平成27年8月29日(土)、魚の町公園(長崎市民会館前)および中島川公園(眼鏡橋付近)にて、長崎市内の大学生等の若者達が企画運営を行う「長崎打ち水大作戦2015」が開催されます。
長崎の夏のイベントとして定着した「長崎打ち水大作戦」は今年で11回目となります。これまで、たくさんの商店街の皆さん、長崎市民の皆さん、長崎市役所のご理解とご協力そして協賛企業の方々よるご支援があって継続することができました。関係各所の皆様に対し、心より厚くお礼申し上げます。

さて、日本の風習である打ち水は、誰もが気軽に参加できる身近な環境対策としてだけではなく、地域に住む多様な世代が一斉に集まることで、新しい「つながり」が生まれることにも重要な意味があると考えております。
私たち長崎打ち水大作戦は、市民・観光客の皆さん、サブカルチャーの道で活動されている方々といった、いろんな人々がつながりを持つことで、まだ知られていない、長崎の歴史や魅力が感じられる場所を世界に発信したい。そんな野望を持っています。
そこで打ち水を通して、今日あったばかりの人だけでなく、自分とは違う趣味を持つ人とも気軽にコミュニケーションができるような、そんな優しい雰囲気に溢れる交流の場を、長崎のまちにたくさん作っていきたい思いました。そこで今年のコンセプトを、

「eco(エコ)もcos(コス)も“もったいない”精神!広げて!つなげて!長崎ecos(エコス)の環(わ)」

としました。
コスプレをしていたときに、素敵な趣味だから広めなきゃもったいない、と市民の方に声をかけられたのがキッカケです。日本特有のもったいない精神は、素敵なものを広めるための気持ち。そんな日本の魅力を、エコとコス(プレ)も打ち水に乗せて、一緒に発信させようという思いが詰まっています。

そこで今年は、レイヤー(コスプレイヤーの略)の皆さんが集結し一斉に打ち水をする「コスプレ打ち水大作戦」、また長崎ご当地アイドル「MilkShake」とのコラボレーションによる「Kawaii打ち水大作戦」、さらに長崎打ち水大作戦初となる、大江戸打ち水大作戦との連携プログラムなど、を予定しています。

長崎打ち水大作戦はこれからも、打ち水といった環境活動を通じて、地域でのコミュニケーションを若者の視点で盛り上げながら、長崎のまちを元気にそして「長崎を知る」ということの楽しさを発信していきます。

長崎打ち水大作戦2015趣意書pdf
長崎打ち水大作戦2015趣意書