やってきました長崎打ち水大作戦。今年のテーマは「エコス」です。
エコもコスプレも「もったいない精神」でつながったということで名づけました。

コスプレをしていたときにまちかどで、「素敵な趣味なんだから広めないともったいない」といわれたことがきっかけ。
そういえばエコにも、もったいないという日本の素敵な精神があるじゃないか、ということで、エコとコスをかけて「エコス」です。

もったいないということには、きっと美しいものを大切にして広めるという心があるはず。
そんな風にスタッフは解釈しました。だから今年は、長崎の魅力を打ち水に乗せて、エコとコスプレで発信しようとなったわけです。

ということで、今年の目玉は「レイヤー打ち水大作戦」です。

レイヤーというのはコスプレイヤーの略。アニメ、漫画そしてゲームなどに登場するキャラクターをオマージュしたコスチュームに身を包み、さまざまな表現活動を行う人たちのことです。
ちょっとしたきっかけがあって、この世界の人たちと知り合いました。打ち水を通した多様な人たちとコミュニケーションするんだ、という点に共感していただきました。

世界も広いけど、日本もまだまだ広い。
いろんな人がいていいまちというのは、どんな変化が待っているのかわからない分、とっても楽しくてワクワクします。
長崎もそんなまちにできたらいいな。そんな願いをこめて、今年は水を撒きたいと思います。

もうひとつ新しい仲間が増えました。
「長崎商興会議所」というアニソンバンドのメンバーです。長崎総合科学大学のサークルさんですが、今回のレイヤーさんの紹介でした。アニメ「けおん」のコピーバンドとして活動されています。

バンド名にインパクトがあって、今年のスタッフは本当に「商工会議所」の方がくるかと思ったそうです。
そちらは長崎の経済を盛り上げるために、いろいろな施策を展開するのですが、こちらのバンドのほうがより「興す」ことに特化したような、そんなネーミングが素敵だと思いました。

「長崎商興会議所」は14:15分ごろ登場です。

昨年からの出場となる「MilkShake(ミルクセーキ)」の皆さんは今年8名の参加となります。
長崎の魅力を伝える観光大使でもある彼女たちは、今年のテーマにもぴったり。長崎の魅力を打ち水に乗せて発信するお手伝いをしていただきます。

「MilkShake(ミルクセーキ)」は14:35ごろ登場です。

今年もたくさんのみなさんと打ち水をとおしてつながりそして長崎を発信できたらいいと、スタッフ一同思っております。
当日、市民会館前でお待ちしております。